不感症治療の裏技 治療家がうなった!健康の裏技

不感症の原因、治療

不感症の原因


不感症については、主に女性の悩みが多いようです。男性の場合は、ペニスの勃起が起きることが性的な興奮であり、機能を果たす事になります。また、射精が男性の機能と共に性的な快感を共有する。従って、男性の場合は、まず勃起する事が性的な快感を産む第一歩です。

勃起が起きない要因はさまざまですが、大きく分けて、心因的な問題によって勃起できない。また、肉体的な病因によって勃起できない。この2つではないかと思います。

まず精神的な要因は、異性に対して自信がないなどの経験不足、肉体的コンプレックスによって異性に自信がなく勃起に至らない(ペニスが小さいのではないか)などの悩みである。

これらは、積極的に異性と関わる様にする事と、正しい性的もしくは解剖学的な知識がこれらのコンプレックスを解消してくれるのではないでしょうか。


次に肉体的なべ要因によって勃起できない場合(不感症?)、先天的に神経の感度が鈍摩になっている場合(今までに一度の勃起したことがないような場合は、当然医療機関でそれなりの相談をしなければならないでしょう。勇気を振り絞って医療機関へ足を運んでください。)

また、事故の後遺症などで神経的な異常が出てきた場合も、神経の問題を解決するべく処置が重要となるでしょう。これは男性も女性も同様だと考えます。

さらに、自分で射精する事が出来る、もしくは夢精をする事があるなどの場合は、女性とのかかわりを多くして自身を持つように鍛えるしかないですね。トラウマもしかりです。

経験で克服する、もしくは、自分にあったパートナーを探すなどです。男性の場合は意外とわかりやすいですね。


女性の不感症

女性の不感症の場合は、男性の不感症の場合より、精神的な要素が大きいようです。当然肉体的な要素も非常に多く存在します。精神的要素は、まず性行為事態に嫌悪感を持っている事や、異性に対しての愛情を感じないなどの事も多いようです。

性行為自体は悪いことでもなんでもなく、動物である以上、遺伝子の中に組み込まれた、生きる上での一つの要素であるのです。お腹が減る、眠たくなる、性欲がわく、これは鍛えて出てくるものではなく、先天的な生命の摂理なのです。これを止めてしまっているのが人間では前頭葉(不感症の原因?)です。

いけないことだ、あまりキレイな事ではないなどの考えや、過去の精神的なトラウマによって、性的なエネルギーが怒りや妬みなどのほかのマイナスのエネルギーに変換されてしまします。

この様な場合はやはりパートナーによってほとんど解決してしまします。愛する人とのセックスのの素晴らしさ、尊敬するパートナーとのセックスは、快感を与えてくれます。一度感じて開放されたならば、後は遺伝子が教えてくれます。

また女性の不感症において肉体的な問題がある場合は、当然まずは医療機関で調べる事が重要です。自分の今の状態がおかしいかなと感じたら、今の自分自身の状態を知ることがまず大切な一歩となります。解剖学的な問題、神経学的な問題は自分だけでは解決できない事も多いです。(勇気を出して一度調べる事も大切です)



不感症の治療の一つ

女性の場合、神経的な鈍感、潤い不足、性交痛などは、骨盤が関係している事が非常に多いです。骨盤を精度よく治療することによって、骨盤底筋は引きしまり、神経支配はよくなります。また、骨盤内の臓器の位置などの異常が解消したならば、子宮や卵巣の位置異常が解消し、性交痛や違和感はなくなり、潤いは増し、パートナーと素晴らしい愛を育む事ができるでしょう。

とは言っても、セックスだけが愛を深め合う行為ではありません。セックスはそのほんの僅かな一部であるという事をここに明記しておきます。

▲不感症の原因、治療
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。