五十肩、肩こりの健康の裏技 治療家がうなった!健康の裏技

五十肩の症状、原因、治療する方法、対策について

〜いわゆる【五十肩の症状】

五十肩と呼ばれますが、50歳でなるとは限りません。
五十肩のよくある症状は、

最初は何となく痛くなってくる事からは始まります。
特に何をしたという覚えはないのです。

「そのうち治るだろう・・・五十肩だろう!」
そう思った皆様! 治ればラッキーですが、
五十肩はだんだん悪化してしていくことでしょう。

痛みだけなら我慢したらいいです。
でも多くの人が涙を流すのは
夜間痛です。五十肩の痛みは虫歯の痛みと似ているのです。

とにかく痛くて仕方がない。
布団に入っても、腕がうずいて痛くて一睡も出来ない。

これが1日や2日ではないのですよ。絶えず、毎日皆さんを苦しめるのです。。。

私が治療したTさん(女性、55歳)は
「五十肩が治らないのなら死んじゃいたい。。。」
ポロポロと涙を流しておられました。

何とかしてあげたい!!!
この俺が五十肩を治してやる!!!
安心してください!!!      勇ましい〜


これが僕らの理想の姿 まるでブラッ○ジャック先生



「治療受けていますので大丈夫です・・・」
こう 言った皆様!
本当によくなっていますか!?
よくなってないでしょう〜


正直言いましょう!


人の力では五十肩は治せません。 
おっと! 言い方まずかったかな。
治るんですけど、治療家が治す事は出来ないのです。  

「うっそ〜ほんと〜」

ほんとほんと。なのです。自分の力で治る以外にはないのです。
ちなみに、私の観て来た五十肩の方は、100%治ってます。的確な指示と経験で、いつ何をしていけば早く治るかを知っています。そして、痛みのコントロール方法も知っています。

でも、やはり奇跡とまではいかないのです。
やはり時間が必要です。そして、自然治癒力! 



ここで、整理しないといけませんね。
読んでくださる皆様の中には同業者もいるでしょうし、
医療従事者もいるでしょう。
誤解を招かないようにしないといけません。
いわゆる肩の疾患について簡単にまとめましょう!


先ずは五十肩の痛みで通常疑われるのは

◆上腕二頭筋腱炎
◆三角筋挫傷
◆肩関節脱臼
◆回旋筋腱板障害
◆肩鎖関節離開
◆インピンジメント(圧迫)症候群
◆癒着性関節包炎→よく言われる五十肩        
◆疼痛性硬縮症(肩関節周囲炎)→よく言われる五十肩◆胸郭出口症候群

などがあります。
誤解しないで頂きたいですが、
まだ他にも原因はありますです。


【五十肩の原因】

完全に解明されているわけではないようです。
通常は五十肩としてよく見受けられるのは
上記の
癒着性関節包炎→よく言われる五十肩          
疼痛性硬縮症(肩関節周囲炎)→よく言われる五十肩
が多いようです。

過去に痛めた小さな外傷や、ちょっとした関節炎などをしっかり治療していなかったために、後になって五十肩として出現するといわれています。




【五十肩の治療】

五十肩の治療は急性期と慢性期によって違います。

急性期は基本的には、アイシングと休養、運動は禁物です。
※よく運動しなさいという人がいますが、運動する時期があるのです。
間違えたら、悪化させます。

慢性期には暖めて血液循環をよくする事と、運動です。
癒着があれば、治るのには時間がかかります。

五十肩が治っていない人を見たことがないので、あまり心配は要らないと思いますが、五十肩の痛みは何とかしたいですね。

大体において、鎖骨の対処が五十肩の痛みには大きく左右するようです。



肩こりとは

肩こりとは

日本人は肩こりという言葉を使いますが、英語には肩こりという単語はありません。

肩こりとは肩の筋肉が緊張するなりして痛みが出る状態のことを皆さんが肩凝りと言っている訳です。

英語ではバックペインです。

つまり、後の痛みです。腰の場合はロウバックぺインなので後の上部の傷みとなるわけです。

この傷みには色々な要素があります。原因は様々ですが大きく分けると次のようになると思います。

○背骨の歪み

○筋肉の疲労

○内臓疾患

○外傷




簡単に分類するとこのような感じです。さらにこれらをもっと細かく分類していく事によって

治療の方法が変わってきます。

間違った治療は治るのが遅くなるばかりか、手遅れになる事もありますのでしっかり診断してもらいましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。