関節痛の裏技 治療家がうなった!健康の裏技

股関節痛の症状、原因、治療は!

【股関節痛の症状】

股関節痛は文字通りで股関節の痛みです。しかし、股関節痛の原因は沢山あります。原因によって痛みの症状が微妙に違います。まずは、骨折があります。骨折はほとんどが外傷です。外傷とは、馬から落ちたり、車にひかれたり、高所から落ちたりといった具合です。これらは、激痛があります。痛みが出た原因が自分でわかりますから、ほとんどの方は病院の治療を受けることと思います。
また疲労でも骨折が起こります。高頻度の運動や一定の動作を繰り返すことによって次第に股関節に傷がつき、修復されずに壊れてしまいます。症状は、股関節の前面の痛みと深い部分の痛みを感じます。運動選手は要注意です。
高齢者の骨折の場合は、単に転んだり、つまずいたりといった簡単な事故でも起こります。症状は中程度から高程度の痛みで、我慢できる場合もあります。力が入らないとか、体重が乗らないとか、脱力感があったら、骨折が考えられますので、病院でメディカルチェックが必要です。
そのほかに、捻挫、子供は脱臼があります。子供の股関節脱臼は、オルトラニ、アリス、テレスコーピングテストといった整形学検査で見つけることが可能です。
また、子供の場合は、膝関節が痛いなどの症状も現われます。レッグ病と呼ばれ、大腿骨頭の血行不良で壊死を起こします。子供の膝関節の痛みには要注意です!


【股関節痛の原因】

股関節の痛みの原因には、まず先天性の疾患があります。よく聞く先天性の股関節脱臼です。脱臼自体は、12ヶ月以内に発見されれば固定にて治療できます。12ヶ月以降は手術が必要な場合もあります。
8歳から17歳くらいの成長期の子供には、大腿骨頭すべり症という病気もあります。骨頭が骨端線ですべるように変形してしまいます。
成人後に、股関節を過使用してしまった場合、つまり、過度の運動や不良姿勢によって股関節に傷を形成してしまう。これの繰り返しで、股関節自体が駄目になってしまう。変形してしまうのです。
また、高齢者の場合は、骨粗鬆症があります。股関節は変形して、炎症を起こします。
また、腰椎4番の異常で出てくる股関節の痛みや、骨盤部で神経を圧迫して出てくる股関節の痛みがあります。当然捻挫や関節包の炎症も存在します。
そして、子供にもあったように、大人も虚血による壊死があります。大人の場合は、外傷、薬の服用、アルコール中毒などが原因となります。
このほかにも感染や神経系統の病気でも股関節痛の原因となります。


【股関節痛の治療】

股関節の病気の治療は、筋肉に対しての治療、神経に対しての治療、関節自体の治療に分かれます。
筋肉に対しては、筋強化やマッサージや筋膜治療や電気療法等の物理的な治療があります。神経の支配はカイロプラクティックや鍼灸などでも治療が出来ます。関節に対しては、大体安静治療や固定治療が主です。
このほかには変形を悪化させないような処置、例えば筋力アップ等が主流です。変形が大きいものに対しては手術療法が多く、患者さんにとっては大変負担の大きい治療となります。
手術は最終手段ですので、それまでに関節を悪化させない生活や資料なりの工夫が最も重要になります。
大部分は手術を回避できるものと思っています。

▲股関節痛の症状、原因、治療は!のTOPにもどる
 

正座椅子で再び正座


正座のための椅子を知っていましたか?


正座楽


正座が出来ないという方は大変多いです。だんだん出来なくなってしまった方や、外傷後(怪我の後遺症として)に出来なくなってしまった方など、その原因は様々です。ご年配の方が多いと存じますが、皆さん、何とか正座したいと願っております。


正座が出来ない要因の一番は、膝の関節の変形ではないでしょうか。変形性関節症と呼ばれています。最初は何となく痛いから始まって、そのうち、正座後に痛みが出る様になります。正座は出来るのですが、正座後、立ったりする時に、伸びきらなくなります。


この頃は、足の太ももの前側の筋肉が弱ってしまっています。大腿四頭筋と呼ばれています。この頃には、変形が進行して、レントゲン写真でも、膝関節の内側が、狭く見えるようになります。


進行しますと変形は重度となって、正座は出来なくなってしまいます。膝関節の変形は元に戻すことが出来ません。したがって、進行しないような生活が重要になります。また、膝の関節に負担が掛かるような姿勢や動きはなるべく避け、筋力を維持しなければなりません。


もう一つ重要なことがあります。それは靭帯と関節包です。靭帯と関節包は、膝関節の外側を覆い、筋肉の下層にあります。膝関節をしっかりと引き締めて、その関節がスムーズに働くのを手伝っています。


しかし、関節包や靭帯が緩んできますと、関節のスムーズな動きは失われます。すると関節面には負担がかかり、なおさら変形を進行させてしまいます。


靭帯も神経支配がされておりますので、再生はある程度可能です。ただし、放って置いたままの靭帯は伸びきってしまっています。これを引きしめる方法は、筋力強化と神経支配の正常化しかありません。


これらを踏まえると、やはり正しい姿勢が大切なのは言うまでもありませんし、本来のご自身の体の生理作用が、スムーズに働いていることが、膝関節を正常に保つ一つの大切な要素になりそうです。


とはいえ、日常生活で正座が必要なこともあるでしょう。変形が強い膝痛の場合は、今すぐ簡単にとはいきませんよね。こんな時には、とてもいいものがあるのを初めて知りました。


これを最初に知ったときは度肝を抜かれましたが、これって、本当に人のために作られているんだな〜って感心させられます。こんなの使ったことありますか?一度見てみる価値ありです。

正座楽



正座椅子で再び正座のTOPへ▲

顎関節痛(症)ってどんなの?

【顎関節痛(症)の症状は。。】

顎関節の症状は顎の関節の痛みです。(当たり前)急性の症状や慢性の症状に分けることが出来ますが、急性の症状は突然顎が開かなくなったり、閉じなくなったりします。ほとんどの場合は痛みが伴いますが半月版(軟骨)の変位で口が開いたまま閉じなくなったりした時は、顎関節というよりも口を閉じる筋肉の緊張で顔や頭が痛くなることもあります。慢性的な顎関節症の場合は、過去の外傷歴や歯の欠損や噛み合わせの問題が深く関わってきます。半月版の変位や筋肉の不均衡や頚椎の不整列によって、触診による圧痛やカクカクなるクリック音が出てきます。また顎の歪みがでる事はしばしばです。顎関節の歪みは全身に影響を及ぼしますので注意が必要です。



【顎関節痛(症)の原因を知りましょう】

顎関節痛の原因の多くは外傷もしくは関節のアライメント異常です。外傷は怪我や口を開きっぱなしで何かしていた(歯科治療を受けていたなど)も原因になります。アライメント異常は歯の欠損や磨耗によるかみ合わせの異常などの歯科の問題でも多く起こり、筋肉や靭帯や関節面に負担をかけて痛みが出てくるものがほとんどです。また関節内の軟骨のズレや靭帯の伸長も顎関節痛の原因になります。
過去の外傷歴は重要で、鞭打ちや顎関節のクリック音などは顎関節症の原因に成り得ます。意外に皆さんが苦しんでいらっしゃるのは急性の顎関節痛よりも慢性の顎関節痛です。原因が特定されない顎の痛みや側頭部の痛みそして違和感です。自覚症状があれば必ず原因は存在します。しっかりとしたメディカルチェック、デンタルチェックがまずは重要です。


【顎関節痛(症)の治療を知りましょう】

顎関節痛の治療は急性期治療と慢性期治療に分類します。急性期の場合は外傷が多いと思いますので、まずはメディカルチェック、デンタルチェックが重要です。骨折や脱臼は速やかに病院で検査を受けしかるべき処置をほどこします。歯に問題がある場合は、歯科治療が重要です。また過去の外傷歴やムチウチ等の病歴がある場合は、筋肉の不均衡から来る顎関節痛が考えられますのでエクササイズや筋肉マッサージが効果をあげます。また顎関節の軟骨の変位によっても様々な症状を起こしますが、これもエクササイズや矯正が重要です。かみ合わせや身体の歪みをチェックすることも重要な治療の要素になります。

▲顎関節痛(症)ってどんなの?のTOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。