アンチエイジング 治療家がうなった!健康の裏技

血管年齢が上がった人の症状、原因、治療、対策

【血管年齢が高い人の症状とは】
血管年齢の高いと言う言葉を最近よく耳にしますよね。血管の年齢ですからわかる訳ありません。実年齢と一緒なのが血管年齢です。

ここで言う血管年齢とは、血管が年相応であるかと言う事です。これも微妙な表現だと思いますが、血管年齢は若ければ若いほどよさそうです。  

何がよさそうなのかと言えば、血管の柔軟性があるということだから、当然血圧にもいいし、血栓が出来てもひっかかりにくい。どろどろ血液でも今のところ何とか平気と言った状態でしょうか・・・

とは言っても自覚症状が有るか無いかといえば、ないです。ですから、いいのか悪いのかを決定する材料がないわけです。触診がいいわけですが、人によって顔が違うのと一緒で、硬さの度合いも人によっては様々です。

一ついえることは身体が硬くなり動かなくなってきている事に気が付くのではないでしょうか。これは血管の老化だけではなく、骨、筋肉、内臓も弱ってきている証拠ではないでしょうか・・・


【血管年齢が上がる原因】

血管年齢が上がる原因の一つに食事があります。当然食事の内容は皆さんが想像しているように、油や糖や塩分などが大きく影響しているようです。でもお話をされる先生によって意見はさまざまですので、確立された食事内容はないと思います。

ただ一つ、これだけは守っておいてくださいと言う内容は、昔から言われている腹七分、腹八分でした。特に腹七文位で食事をしないと血管年齢は見る見る年をとって、一度硬くなった血管はほとんどもとい戻す事は困難なのだそうです。

食事の他に、運動やストレスなどの要因は当然大切になることを付け加えて起きます。

それではどうしたらよいのでしょうか?


【血管年齢が上がるとどうなる?】

血管年齢が上がると、血管は硬くなります。どれくらい硬くなるものかといえば、
40歳代でゴムホース、60歳代でもう伸縮性が危うくなっているとのことです。

これでは、血管にコレステロールなどがこびりついて、内径が小さくなれば血栓は詰まりやすくなるし、当然血行不良、高血圧になってしまうことは、容易に想像がつきます。

気をつけなければ命の危険もあるわけですね・・・



【血管年齢を下げる方法】

非常に難しいそうです。まずは食事量を減らす事、運動を心がける事、ストレスをコントロールする事、進行させない事だそうです。

それから、やはり、血管だけでなく身体全体を若々しく保つ努力を惜しまない事でしょうね。

脳を使い、頭蓋骨を整え、重金属を除去し、感染に気を配る。これで随分血管年齢向上対策になるのではないでしょうか!

▲血管年齢が上がる人の原因、治療、対策へ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。