乗り物酔い 治療家がうなった!健康の裏技

乗り物酔いの症状、原因、対策

【乗り物酔いの症状】


いわずと知れた、乗り物酔いの症状です。まずは、吐き気、めまい、頭痛、生あくび、冷や汗、顔面蒼白などの症状が現れます。吐いてしまえば、楽になる事が多いですが、できれば楽しい時間を過ごしたいのは、誰でも一緒のはずですよね!



特に子供の乗り物酔いは深刻です。



何故かって?旅行の思い出になってしまいますから・・・



乗り物酔いは、年齢とともに症状が軽くなっていく傾向があるようですが、中学生、高校生くらいまでにピークを迎えます。



【乗り物酔いの原因】



耳の奥には、加速している事や重力を感じ取る器官がありますが、ここでの情報と、目で見る視覚の情報とが、かみ合わなくなった時に起こるようです。この時に自律神経が不安定なり、酔いの症状が出てきます。



また、風邪などを患って体調が悪い時は特に乗り物酔いがひどくなるようです。



要は、三半規管が上手に働かない時に、吐き気が出てくるわけです。これが上手に働けるようにしてあげればいい訳ですから、改善方法はいくつか考えられます。



【乗り物酔いの対策】



よく寝ておくことが大切。当日は消化のよいものを軽く食べ、酔い止め薬を飲むなど。
 ↑
あたりまえすぎ?




また、ある実験があります。「バスに酔いやすい人に、酔い止めの特効薬と言ってあるカプセルを飲んで乗車してもらったところ、ほとんど酔わなかったそうです。カプセルの中身は、薬ではなく片栗粉だったそうですよ!



この結果から、酔いに対する不安がなくなると酔いにくくなることが分かりますよね。



乗り物酔いの治療には、頭蓋骨の治療は効果的です。脳の位置を改善して、血液循環をよくします。首もしっかりとしまって、酔わなくなります。不安心も無くなりますので、これで明日から、乗り物酔い知らず!!!

▲乗り物酔いの症状、原因、対策へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。