魚の目(慧眼)、たこの治療 治療家がうなった!健康の裏技

魚の目(慧眼)、たこの症状、原因、治療方法

魚の目(慧眼)、たこの症状、原因

魚の目、たこの処置は

自分で処理する方法

◎専門院で処置する方法(下記)があります。

まずは、しっかりとした知識が重要ですね。

魚の目たこの原因は一緒です。症状や、出来る部位、見た目が違う程度の差がありますが、両方とも角質の増加があり、皮膚が増殖している状態です。
魚の目は医学的には「慧眼」と呼ばれます。読んで字のごとく、鳥の目のような皮膚増殖が、足の指などの調度平の部分に出来ることが多いようです。原因は限局的に皮膚に圧迫が加わる事によって、角質が段々増えていくのですが、時には痛みを伴い、押すと硬い感じがします。
たこは、医学用語的には「ベンチ腫」と呼ばれます。ベンチのように皮膚が増殖してしまうからベンチ腫なのかもしれません。(←この名前の由来は想像ですが。)こちらも、原因は魚の目と一緒です。ベンチ腫は指の先などに平たく皮膚の増殖があります。(よくありますね!皆さんもあるのでは?)
魚の目の場合、皮膚の中側に増殖をします。たこの場合は外側に増殖をします。
体重がかかり皮膚増殖をしている方が魚の目、靴などが当たり負担がかかり皮膚増殖をしている方がたこなのではないかと思います。魚の目(慧眼)の場合は角質が皮膚の下方に増殖をしていくために痛みが伴う事も多いです。

魚の目(慧眼)、たこの治療方法

治療方法は、魚の目たこは同様の治療になります。メスや其の他の器具で圧なった部分を削るしかありません。しかし削ってもまた繰り返すことが多いです。その度に削るしか方法がないようです。
根本的な治療法は医学的にはないとされていますが、なるべく負担の掛からない靴を選んだりして生活を工夫する事が大切です。
またこの様な方たちは、姿勢が悪く、足のアーチが崩れてしまっています。
骨盤をただし、足の神経支配をよくして、足の筋力アップを計る事やストレッチなどを併用して血液の循環をよくしていくと自然と皮膚の増殖はなくなることが多いです。

魚の目(慧眼)、たこの対策

〇外科的な処置

麻酔を時には使い、暑くなった角質を削ります。局所のストレスがなくならない限り、繰り返すことが多いため、根本治療とはいいがたいです。

〇姿勢を正すなどの全身的治療

カイロプラクティックなどの治療を利用して、足に対する負担を軽減していく。骨盤を正して、股関節を正すと、足の筋肉の張りが元どおりに改善される事が多い。これで、亜日のストレスがなくなり、魚の目やたこは出来にくくなります。

〇靴の工夫

中敷などを利用して、師の負担んんお掛かる部位が一定の部位にならないように自分で工夫していく。ヒールや小さめの靴は避けていく事が直るためには必要なことです。

▲魚の目(慧眼)、たこの症状、原因、治療方法へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。