便秘治療の裏技 治療家がうなった!健康の裏技

便秘の原因、治療法

便秘の原因

便秘の原因には色々な原因があります。ストレス、運動不足、食事の偏り、姿勢、女性の場合は生理や妊娠によるホルモンの変化、姿勢の変化、腸の位置的な問題まであります。また、ダイエットで食べる量が著しく少ない、其の他の病気も考えられます。この中で腸や消化器官の以上による便秘以外いは大体において生活習慣が絡んできています。

腸の異常は、例えば、腫瘍などが町内に出来ていて、便の通貨が困難な場合、または、腸の神経支配の問題が考えられます。腸の動きは自律神経が絡んできますが、上位運動ニューロン障害といって、中枢神経系の病気も考えられます。これらの場合は直ちに検査、治療は欠かせません。それ以外の生活習慣の問題の場合は、食生活や運動、姿勢の問題を考慮する事で大方解消する事が可能です。

薬を使うヒトが大変多くなっていますが、薬の使用は(下剤)は最終手段だと心得るべきです。まずは自分自身の身体をよく知って、便秘の要因をとにかく確かめる事がまず一番大事なことです。


痙攣性の便秘

痙攣とは、筋肉の緊張のことです。腸は便を送り出すために蠕動運動を起こします。この筋肉の緊張が強くてお腹の部分で腸が通過できないタイプです。

弛緩性の便秘

弛緩性の便秘は、蠕動運動が弱くなり、便を送り出すことが上手でなくなっていく便秘の事です。高齢者に多く、やはり、腸に対しての神経支配が悪くなり働きが鈍くなっている状態を言います。

直腸性の便秘

直腸の反応が鈍いとされているタイプの便秘ですが、これも脳からの神経支配の低下や腸の位置の異常などによって起こることが多いようです。


便秘の治療法

便秘の治療法はまず生活習慣の改善です。食事を規則正しく食べる事、そして水分の補給はとても大事です。朝お水を飲むだけでも便意を催す事が多いものです。そして便意あったらすぐにトイレに行くことです。我慢の繰り返しは、将来的に直腸性の便秘に発展しやすくなります。

便意を催すには、直腸に対しての神経的な感度の問題があります。神経の支配が悪くなると、便が溜まっていても、脳が排便を命令しないのです。従って、この神経の支配はとても重要な要素になります。食生活の改善、生活習慣の改善、運動も開始した、ストレッチなどの体操も試みたという方は、神経のことを意識してみましょう。ストレスは神経の支配を狂わせます。便秘にとどまらずに色々な病気の引き金になりかねませんので、気をつけましょう。

便秘治療に私がお勧めなのは、半断食です。そして、精度の高い背骨の調整です。骨盤を整え、腸の位置の異常を正します。腰椎の調整を行えば自律神経の調整が出来ますし、頭蓋骨の調整は、ホルモンのバランス、脳自体の活性化につながり、これだけで便意を催したり、腸が動き出したりするものです。
是非試されるとよいです。

▲便秘の原因、治療法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。