神経痛の裏技 治療家がうなった!健康の裏技

手の痺れはどうして?

【手の痺れの症状】

手に痺れを感じる人はとても多いです。痺れを感じたことがない人のほうが少ないのではないでしょうか。

でも、時間が経てば治るといった痺れがほとんでですよね。
本当に困っている人の手の痺れは、いったいどんな症状なのでしょうか。

例えば、

〇手のひらに痺れが、常に存在するといったもの
〇ある一手の動作や姿勢が引き金になって痺れが悪化する
〇片手に痺れを感じるもの
〇両手に仕入れを感じるもの
〇親指や人差し指の痺れ
〇中指の痺れ
〇薬指の痺れ
〇小指の痺れ
〇指先だけの痺れ
〇朝の手のこわばり

などが挙げられます。


【手の痺れの原因は】

手痺れの原因は、まず中枢神経系の問題か否かが有ります。
脳疾患がある場合、つまり脳腫瘍、脳梗塞、脳動脈瘤、感染、その他の脳疾患によって出てくる手の痺れがあります。

これらは即座にメディカルチェックを要します。痙攣性麻痺やバビンスキー反射が陽性の場合は中枢神経系の疾患が考ええられます。即座に病院に行って調べてもらいましょう。

中枢神経系以外の手の痺れは、これまた色々有ります。
まずは神経系の問題ですが、神経根障害、脊髄病変があります。この中には、脊椎の変形や軟骨の変形やヘルニアなどが挙げられます。

また肘や手首で神経が挟まれる病気があります。肘部管症候群や手根管症候群やギオン管症候群が有ります。しびれる場所によって神経の障害部位が特定できます。

血管性の手の痺れもあります。糖尿病の問題、そして神経のコウヤクといいますが、脊椎以外の場所での血管圧迫です。場所は頸部の筋肉、胸部の筋肉、鎖骨と肋骨との隙間で挟まれるなどです。

また両側の手の痺れでまず疑わなければいけないのが、リウマチです。リウマチの疑いがあれば、メディカルチェックでリウマチ因子のチェックをします。


【手の痺れの治療】

手の痺れの治療は当然ですが、症状や原因によって分けられます。したがって、まず原因特定が大切です。原因がはっきりする事で適切な治療を早く開始できるからです。

まずはメディカルチェックでレントゲンやCTやMRIの検査をします。これで緊急の症状は大体診断がつくはずです。

皆さんが困っているのは慢性的で、病院に行ったけど、なかなか治らないといったケースではないでしょうか。。。

これらは、筋肉調整、脊椎調整が効果を発揮します。また、鍼灸や電気療法も効果を発揮するかもしれません。

大体は神経性、血管の問題が多いと思いますが、骨の変形や軟骨の変形が大きいもの以外は予後は良好です。

重大な疾患を除外するためにも、先ずはメディカルチェックをしましょうね。


▲手の痺れはどうして?のTOPへ


三叉神経痛の症状、原因、治療

【三叉神経痛の症状】

三叉神経痛は、咀嚼(物を噛む)、歯を磨く、顔を洗う、ひげを剃るなどの動作の際に片側の顔面に痛みがでます。

痛みは激痛で、時間は短いのが特徴です。強烈痛みなので、患者はこれらの痛みが出る動作を避けようとします。その為に顔は、しかめ面になってしまうことが多くあります。

突発性の症状と、慢性的な痛みがあります。


【三叉神経痛の原因】


血管で圧迫が原因で三叉神経痛

突発性の三叉神経痛は原因がはっきりとしていないようです。いちばん有力な説は血管による神経の圧迫ではないかという説です。まずはメディカルチェックが必要でしょう。


ウイルス感染で三叉神経痛

ヘルペスウイルス(ヘルペスウイルスは成人のほとんどの人が保有しているウイルスです。)は三叉神経節に進入し、角膜や口内の神経支配域に運ばれます。そこに感染を起こして、角膜炎を起こしたり口内炎を起こしたりします。再発傾向が大きく治りにくい病気です。

また、三叉神経の皮膚支配域では、顔に痛みが出現し、数日後に赤く湿疹が出来て、水泡が出現します。


炎症で三叉神経痛

炎症の原因はさまざまですが、外傷や感染、代謝異常、中毒、膠原病などによるものが多いようです。
神経炎は、運動神経、知覚神経いずれでも起こります。


腫瘍で三叉神経痛

腫瘍によって三叉神経痛の異常が出る事があります。腫瘍の場所によって症状は違いますが、脳腫瘍の場合と、三叉神経にできる腫瘍またはその周囲におきて三叉神経をいたずらする物があります


頭蓋骨の卵円孔の異常で三叉神経痛

頭蓋骨に蝶形骨という骨がありますが、この骨に卵円孔という三叉神経の第3枝(下顎神経)を通す穴が開いています。この卵円孔で三叉神経の下顎神経が圧迫されて痛みなどの知覚異常が出る事があります。


頭蓋骨の正円孔の異常で三叉神経痛

頭蓋骨のなかに蝶形骨という骨があります。この骨の中に正円孔という三叉神経の第2枝を通す穴が開いていますが、様々な要因で、正円孔で三叉神経が圧迫されて知覚異常が出る事があります。


【三叉神経痛の治療】


病院治療

薬物療法、ブロック注射により神経の知覚を遮断、神経圧迫をしている血管を除去(OP)


マッサージ治療

慢性期における筋肉の異常に対しては非常に効果を発揮して、三叉神経痛の症状に対しても非常に有効です。頭部、頸部に対するマッサージが主な方法になります。


鍼灸治療

鍼と灸を使って身体のツボに刺激を与え、その人の持つ自然治癒力を活性化して、本人のバランスをよみがえらせる治療法で、元々持っている治る力が最大限働くようにするというものです。


カイロプラクティック治療

原因が頭蓋骨にあるなどの骨格系の問題が存在した場合、三叉神経痛にカイロプラクティックは非常に有効です。感染に対しても有効です。


漢方薬治療

漢方薬のそもそもの目的が、自然のエネルギーを身体に取り込むこと、そして身体に働きかけ、人間が持っている元々の治る力を目覚めさす事で、長い歴史のある自然療法です。

▲三叉神経痛の症状、原因、治療

顔面神経痛の症状、原因、治療法について

【顔面神経痛の症状、原因とは】
いわゆる、顔面神経痛と呼ばれている顔の痛みは、三叉神経痛のことを言います。

顔面神経痛は顔面の皮膚の痛みです。ところが、顔面神経は顔の知覚神経を支配していない事実から顔面神経麻痺と混同されています。

顔面神経痛と顔面神経麻痺とは区別されます。つまり顔面神経痛の障害されている神経は三叉神経だということです。


【顔面神経麻麻痺】・・・

顔面神経麻痺は、外傷、腫瘍、感染症、血管障害などの原因で顔の表情筋が動かなくなります。また、顔面神経の障害で原因不明ですがギランバレー症候群と呼ばれるものがあります。

顔面神経麻痺の発症は、男女の差はありません。また、季節などの差もないようです。急性に発症、片側に起こり、表情筋の麻痺に始まり、同側の味覚低下、涙の分泌障害、聴力過敏などの症状も現れます。

片側の顔面神経異常にベル麻痺が一般的に知られています。片側の顔面に冷気などを浴びた後に発症しやすく、顔面神経自体の循環障害などが原因と考えられています。また、ヘルペスウイルスが原因ではないかとも考えられていますが、立証はされていません。

予後は比較的良好です。しかし、再発もあるようですのでしっかりと治療しなければなりません。

脳腫瘍などの原因がある場合は腫瘍の治療が優先となりますので、しっかりとした検査が重要です。

▲顔面神経痛の症状、原因、治療法について

舌咽神経痛について

【舌咽神経痛】

舌咽神経は舌と咽頭部に走行する神経で、脳神経の9番目の神経です。
舌の後端部(喉に近い奥の部分)の粘膜と咽頭部(喉の奥)の粘膜に分布する知覚神経と、唾液や食物を飲み込む時の嚥下に必要な筋肉を支配する運動神経が混じっています。

また、舌の奥の1/3の味覚を支配しています。舌先の2/3は顔面神経支配です。さらに、唾液の分泌も支配しています。

第9脳神経である舌咽神経は延髄から出てきます。そして、頚静脈孔という頭蓋骨の隙間から走行してて頭蓋骨の底に出ています。

この神経は求心性神経と、副交感神経の線維からなります。頚静脈孔の前部で上神経節(神経のふくらみ)を作り,頚静脈孔を出て再び膨大して下神経節(神経のふくらみ)をつくる。その後しばらく垂直に内頚動脈と内頚静脈との間を走り、ついで内頚動脈と頚突咽頭筋の間を下降して、その筋肉の外側を経由して前方に回って舌根に分布しています。

舌咽神経痛はものを噛んだり、飲み込んだりすると出てくる痛みです。痛みの場所は、口の中、喉の奥、舌の付け根などです。

症候性のものは持続する痛みがありますが、本態性の場合は、激痛発作が出てきます。

【舌咽神経痛の治療】

原因がわからない舌咽神経痛が多いです。通常は薬物療法が先にとられているようですが、原因が血管による神経圧迫である場合は手術が行われる事もあります。

頭蓋骨の関節の隙間から出てくる神経がこの隙間で圧迫されるがあります。頚静脈孔と呼ばれるこの隙間は、関節になっており、ずれる事があります。かみ合わせや、外傷など、その他にも僅かなズレはどなたにでも起こり、神経をいたずらする可能性があります。

この場合は、頭蓋骨のずれを治療をしてあげるとウソのように痛みは消えます。しかし痛みが再現する場合は、かみ合わせや、他の要因が考えられます。

頭蓋骨の調整は、舌咽神経痛の苦しみから最大限解放される1つの手段となります。

ウイルス感染や予測不可能な原因もあります。が、体調を整え、治癒力を活性化するような生活(少食を実践)で体調はすこぶる改善するでしょう。

舌咽神経痛についてへ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。