顎関節痛(症)ってどんなの? 治療家がうなった!健康の裏技

顎関節痛(症)ってどんなの?

【顎関節痛(症)の症状は。。】

顎関節の症状は顎の関節の痛みです。(当たり前)急性の症状や慢性の症状に分けることが出来ますが、急性の症状は突然顎が開かなくなったり、閉じなくなったりします。ほとんどの場合は痛みが伴いますが半月版(軟骨)の変位で口が開いたまま閉じなくなったりした時は、顎関節というよりも口を閉じる筋肉の緊張で顔や頭が痛くなることもあります。慢性的な顎関節症の場合は、過去の外傷歴や歯の欠損や噛み合わせの問題が深く関わってきます。半月版の変位や筋肉の不均衡や頚椎の不整列によって、触診による圧痛やカクカクなるクリック音が出てきます。また顎の歪みがでる事はしばしばです。顎関節の歪みは全身に影響を及ぼしますので注意が必要です。



【顎関節痛(症)の原因を知りましょう】

顎関節痛の原因の多くは外傷もしくは関節のアライメント異常です。外傷は怪我や口を開きっぱなしで何かしていた(歯科治療を受けていたなど)も原因になります。アライメント異常は歯の欠損や磨耗によるかみ合わせの異常などの歯科の問題でも多く起こり、筋肉や靭帯や関節面に負担をかけて痛みが出てくるものがほとんどです。また関節内の軟骨のズレや靭帯の伸長も顎関節痛の原因になります。
過去の外傷歴は重要で、鞭打ちや顎関節のクリック音などは顎関節症の原因に成り得ます。意外に皆さんが苦しんでいらっしゃるのは急性の顎関節痛よりも慢性の顎関節痛です。原因が特定されない顎の痛みや側頭部の痛みそして違和感です。自覚症状があれば必ず原因は存在します。しっかりとしたメディカルチェック、デンタルチェックがまずは重要です。


【顎関節痛(症)の治療を知りましょう】

顎関節痛の治療は急性期治療と慢性期治療に分類します。急性期の場合は外傷が多いと思いますので、まずはメディカルチェック、デンタルチェックが重要です。骨折や脱臼は速やかに病院で検査を受けしかるべき処置をほどこします。歯に問題がある場合は、歯科治療が重要です。また過去の外傷歴やムチウチ等の病歴がある場合は、筋肉の不均衡から来る顎関節痛が考えられますのでエクササイズや筋肉マッサージが効果をあげます。また顎関節の軟骨の変位によっても様々な症状を起こしますが、これもエクササイズや矯正が重要です。かみ合わせや身体の歪みをチェックすることも重要な治療の要素になります。

▲顎関節痛(症)ってどんなの?のTOPへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32033988

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。